ひいらぎもくせい (柊木犀) [Index] [Back]

Osmanthus x fortunei

Osmanthus x fortunei

Osmanthus x fortunei

Osmanthus x fortunei

Osmanthus x fortunei

Osmanthus x fortunei

Osmanthus x fortunei

Osmanthus x fortunei

Osmanthus x fortunei

「ぎんもくせい」と「ひいらぎ」との交雑種と考えられています。高さは4〜7メートルになります。葉は楕円形で対生し、縁には棘状の鋸歯があります。10月ごろ、葉腋に芳香のある小さな花を咲かせます。生け垣によく利用されています。
モクセイ科モクセイ属の常緑小高木で、学名は Osmanthus x fortunei。英名は Fortune's osmanthus。
The Fortune's osmanthus (Osmanthus x fortunei) belongs to the Oleaceae (the Olive family). It is a semi-tall evergreen tree and can reach 4-7 m in height. It is thought that the tree is a crossbred between Fragrant tea olive (O. fragrans var. fragrans) and Holly (O. heterophyllus). Leaves are elliptic and opposite with spiny toothed edges. Fragrans small white flowers come on the axiles in October. This tree is commonly used for hedges.
[上・中1〜2] 愛知県安城市「デンパーク」にて、
2007年11月02日撮影。
[中3・中4] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。
[中5〜7・下] 千葉県成田市「千葉県花木センター」にて、
2013年10月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp