ひろはマウンテンミント (広葉マウン
テンミント)

Pycnanthemum muticum

Pycnanthemum muticum

Pycnanthemum muticum

Pycnanthemum muticum

アメリカの東部から中南部に分布しています。乾燥した疎林などに生
え、高さは50〜100センチになります。茎には4稜があります。葉は
卵形で粗い鋸歯があり、ミントに似た香味があるため、ハーブティー
としても利用されます。夏から初秋にかけて、密集した花序に小さな
ピンク色の花を咲かせます。花の近くの苞葉が白くなります。
シソ科ピクナンテムム属の多年草で、学名は Pycnanthemum
muticum。英名は Cluster mountain mint, Short-toothed mountain mint。
Cluster mountain mint belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a deciduous
perennial herb that is native to east and south-central USA. This herb
occurs in dry open woods and can reach 50-100 cm in height. Stems are
square. Leaves are opposite, ovate with coarsely toothed edges, and have a
pleasant mint-like aroma and flavour and can be used to make a refreshing
tea. Dense clusters of small pinkish flowers with silvery bracts are seen from
summer to early fall.
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中2・下] 同上にて、2006年11月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp