ひなげし (雛罌粟) [Index] [Back]

Papaver rhoeas

Papaver rhoeas

Papaver rhoeas

Papaver rhoeas

Papaver rhoeas

Papaver rhoeas

Papaver rhoeas

Papaver rhoeas

ヨーロッパからユーラシア、北アメリカあたりが原産だと考えられています。旧世界では、古い時代から農業と密接な関連があります。耕作地や湿り気のある場所に生え、高さは15〜60センチになります。葉は羽状に切れ込み、根生します。晩春から初夏にかけて、4弁花を咲かせます。花色は鮮赤色やピンク色、白色などで、ふつう真ん中に黒色の斑があります。別名で「ぐびじんそう(虞美人草)」とも呼ばれます。
ケシ科ケシ属の一年草で、学名は Papaver rhoeas。
英名は Corn poppy, Field poppy。
Corn poppy belongs to Papaveraceae (Poppy family). It is an annual herb that is probably native to Europe, Eurasia and North Africa. It have been associated with agriculture in the Old World since early times. This herb occurs in cultivated lands and waste places and can reach 15-60 cm in height. The leaves are basal and incised pinnately. The four petaled flowers come in late spring to early summer. The flower color is bright red to pink, white, commonly with a black spot at their base.
[上・中1] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜3・下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜中6] 茨城県神栖市須田にて、2008年06月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp