ひめのうぜんかずら (姫凌霄花)

Tecomaria capensis

Tecomaria capensis

Tecomaria capensis

Tecomaria capensis

Tecomaria capensis

Tecomaria capensis

南アフリカが原産です。半蔓性で、高さ2メートルほどになります。葉
は奇数羽状複葉で、小葉は卵形です。ほとんど一年中、紅橙色の漏
斗形の花を咲かせます。黄花の品種もあります。
ノウゼンカズラ科テコマリア属の常緑低木で、学名は Tecomaria
capensis。英名は Cape honeysuckle。
Cape honeysuckle (Tecomaria capensis) belongs to Bignoniaceae (the
Trumpet creeper family). It is an small tree that is native to South Africa.
This tree is a semi-vine and can reach about 2 m in height. The leaves are
impari-pinnate with ovate leaflets. The flowers are reddish-orange, funnel-
shaped and bloom in mostly year round. There are also yellow flower-
colored varieties.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年04月05日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2003年10月26日撮影。
[中2・中4] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年10月06日撮影。
[中3] 同上にて、2006年11月11日撮影。
[下] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年02月24日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp