ひおうぎ (檜扇)

Belamcanda chinensis

Belamcanda chinensis

Belamcanda chinensis

Belamcanda chinensis

Belamcanda chinensis

Belamcanda chinensis

わが国の本州から四国・九州、それに台湾や中国に分布していま
す。日当たりのよい山地の草原に生え、高さは60〜100センチにな
ります。葉は剣状で、長さが30〜50センチあります。8月から9月ご
ろ、上部で分枝して数個の花苞をつけ、橙色の花を咲かせます。花
披の内外片は同じ大きさで、内側に赤い斑点があります。果実は
果で、なかには真っ黒な種子があり、これが「烏玉(ぬばたま)」と
呼ばれます。
この「ぬばたま」は、万葉集では「黒」や「夜」を導く枕詞として引用さ
れました。たとえば柿本人麻呂の歌。
「烏玉(ぬばたま)の黒髪山の山菅(やますげ)に、小雨降りしき、しくし
く思ほゆ」
アヤメ科ヒオウギ属の常緑多年草で、学名は Belamcanda chinensis。
英名は Blackberry lily。
Blackberry lily (Belamcanda chinensis) belongs to the Liliaceae (the Lily
family). It is an evergreen herb that is distributed westward from Honsh to
Shikoku, Kyushu of Japan, Taiwan and China. This herb grows in sunny
grasslands of mountains, and can reach 60-100 cm in height. The leaves
are lance-shaped and 30-50 cm long. The stems are branched at the upper
part and bear several flower bracts. The orange flowers bloom in August
and September. The outer tepals and inner tepals are equal, having red
spots on the inside. The fruits are capsules and content black seeds.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中2] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2010年07月24日撮影。
[中3〜4・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年08月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp