ヒッポクレピス・コモサ [Index] [Back]

Hippocrepis comosa

Hippocrepis comosa

Hippocrepis comosa

Hippocrepis comosa

ヨーロッパの中・南部に分布しています。標高2800メートルまでの牧草地や岩場に生え。高さは30センチ以上になります。葉は羽状複葉で、線形から長楕円形の小葉が3〜8対つきます。4月から6月ごろ、長い花茎を伸ばして黄色い花を咲かせます。果実は捩れた節果で、蹄鉄のような分果となります。
マメ科ヒッポクレピス属の多年草で、学名は Hippocrepis comosa。
英名は Horseshoe vetch。
Horseshoe vetch (Hippocrepis comosa) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is native to central and southern Europe. This herb grows in meadows and stony places, to 2800 m elevation, and can reach up to 30 cm in height. The leaves are pinnate compound with 3-8 pairs of linear to oblong leaflets. The yellow flowers bloom in long-stalked clusters from April to June. The fruits are twisting loments with horseshoe-shaped mericarps.
[上・中1〜2] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp