ヒッポブロマ・ロンギフローラ

Hippobroma longiflora

Hippobroma longiflora

西インド諸島が原産です。今では熱帯の各地に帰化して広がってい
ます。高さは30〜50センチほどになり、葉は披針形から倒披針形
で互生します。3月から10月ごろ、茎の上部に白色の花を咲かせま
す。花冠の先端は5裂して平開し、花筒の長さは5〜10センチありま
す。全草にアルカロイドが含まれ、切り口などからでた乳汁に触れる
と炎症を起こします。別名で「イソトマ・ロンギフローラ」、和名では「ホ
シアザミ(星薊)」と呼ばれます。
キキョウ科ヒッポブロマ属の常緑多年草で、学名は Hippobroma
longiflora(syn. Isotoma longiflora)。英名は Star of Bethlehem。
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年09月07日撮影。
[下] 同上にて、2005年08月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp