ひらなす (平茄子)

Solanum intergrifolium

Solanum intergrifolium

Solanum intergrifolium

Solanum intergrifolium

Solanum intergrifolium

アフリカが原産です。栽培されている「ナス」の近縁で、高さは1メートルほどになります。丈夫なので「なす」の台木として利用されたり、観賞用として栽培されます。果実は白色から黄色、オレンジ色、赤色へと変化します。別名で「あかなす(赤茄子)」とも呼ばれ、「フォックスフェイス」と同じように、水を必要としない花材としても利用されます。 
ナス科ナス属の一年草で、学名は Solanum intergrifolium。英名は Chinese scarlet egg plant、Ruffled tomato。 
Chinese scarlet egg plant (Solanum intergrifolium) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is an annual herb that is native to Africa. This herb is closely related to cultivated "eggplant" and its height is about 1 m. Because it is strong, it is used as a rootstock of "eggplant" or cultivated for ornamental use. The fruit changes from white to yellow, orange, red. Also known as "Aka-nasu (red eggplant)", it is also used as a flower material that does not require water, just like "Foxface". 
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2002年07月28日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2005年09月14日撮影。
[中3・下] 福岡市中央区「福岡市植物園」にて、2017年10月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp