ひろはかえで (広葉楓) [Index] [Back]

Acer macrophyllum

Acer macrophyllum

Acer macrophyllum

Acer macrophyllum

Acer macrophyllum

Acer macrophyllum

Acer macrophyllum

Acer macrophyllum

Acer macrophyllum

Acer macrophyllum

北アメリカの西部、ほとんど太平洋岸に近い、アラスカ州の最南部からカリフォルニア州南部に分布しています。山地に生え、高さは15〜20メートルになります。葉はどんな品種よりも大きく、一般的には15〜30センチになり、掌状に5深裂します。春、下垂した総状花序に目立たない黄緑色の花を咲かせます。果実は2個の翼のある翼果です。
カエデ科カエデ属の落葉高木で、学名は Acer macrophyllum。
英名は Bigleaf maple、Oregon maple。
Bigleaf maple (Acer macrophyllum) belongs to the family Aceraceae (the Maple family). It is a tall deciduous tree that is native to western North America, mostly near the Pacific coast, from southernmost Alaska to southern California. This tree grows in mountainous regions, and it can reach 15-20 m in height. The leaves are largest of any maple, typically 15-30 cm across, with five deeply incised palmate lobes. The inconspicuous greenish-yellow flowers bloom in pendulous racemes in spring. The fruit is a paired winged samara.
[上・中1〜3] アメリカ・オレゴン州ユージーン市にて、
2014年06月14日撮影。
[中4〜9・下] アメリカ・ワシントン州「キャサリンクリーク」にて、
2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp