ひろしまな (広島菜) [Index] [Back]

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

広島県地方が原産の非結球性はくさいの一品種です。葉身は濃緑色で広く大きく、葉縁には切れ込みがないのが特徴です。また中肋は厚く、白色で青みを帯びています。九州の高菜、信州の野沢菜とともに日本の三大漬け菜の一つとして知られています。
アブラナ科アブラナ属の二年草で、学名は Brassica campestris var. amplexicaulis。英名はありません。
"Hiroshima-na" (Brassica campestris var. amplexicaulis) belongs to the Brassiaceae (the Mustard family). It is a biennial herb that is endemic to Hiroshima prefecture. It is a form of non-head-forming Chinese cabbage. The leaf blade is dark green, broad and large with non-laciniate edges. The rachis of leaf blade is white and tinged bluish. This is known as one of three major pickled vegetables in Japan, together with Kyushu "Takana" and Shinshu "Nozawa-na".
[上] 千葉県香取市大角にて、2010年11月09日撮影。
[中1] 同上にて、2011年02月02日撮影。
[中2] 同上にて、2011年01月17日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2011年03月09日撮影。
[中5・下] 同上にて、2011年03月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp