ひるがお (昼顔)

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

Calystegia japonica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。明るい草原に生え、蔓性で他のものによじ登ります。葉は鉾形から鏃形で、長い葉柄があります。6月から8月ごろ、葉腋に直径5〜6センチの淡い紅色の花を咲かせます。しっかりした地下茎があり、畑の雑草になっています。
ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草で、学名は Calystegia japonica。
英名は Japanese bindweed。
Japanese bindweed (Calystegia japonica) belongs to the Convolvulaceae (the Bindweed family). It is a perennial herb that is native to all over Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in sunny grasslands, and twines around other plants. The leaves are hastate to arrowhead shaped with long petioles. The flowers are pale rose pink, 5-6 cm across, and bloom on the axils from June to August. It is a field weed and spreads by stout rhizomes.
[上] 茨城県神栖市矢田部にて、2009年08月02日撮影。
[中1・中6] 大阪府枚方市磯島「淀川河岸」にて、
2006年07月26日撮影。
[中2・中3] 秋田県藤里町藤琴にて、2005年07月17日撮影。
[中4] 長野県小諸市古城区にて、2006年07月09日撮影。
[中5] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年07月15日撮影。
[中7・中8] 千葉県香取市大角にて、2012年07月19日撮影。
[中9・中10] 東京都江東区「夢の島公園」にて、
2014年08月30日撮影。
[中11・下] 石川県志賀町「ヤセの断崖」にて、
2016年08月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp