ひめさざんか (姫山茶花)

Camellia lutchuensis

Camellia lutchuensis

わが国の南西諸島、奄美大島から西表島にかけて分布しています。
高さは3〜8メートルほどになり、枝は繊細です。葉は長楕円形で、
細かな鋸歯があります。12月から2月ごろ、葉腋に小さな白い花を
咲かせます。6弁花で、甘い芳香があります。
ツバキ科ツバキ属の常緑低木で、学名は Camellia lutchuensis。
英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年01月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp