ひめさざんか (姫山茶花)

Camellia lutchuensis

Camellia lutchuensis

Camellia lutchuensis

わが国の南西諸島、奄美大島から西表島にかけて分布しています。高さは3〜8メートルほどになり、枝は繊細です。葉は長楕円形で、細かな鋸歯があります。12月から2月ごろ、葉腋に小さな白い花を咲かせます。6弁花で、甘い芳香があります。 
ツバキ科ツバキ属の常緑低木で、学名は Camellia lutchuensis。
英名はありません。 
"Hime-sazanka" (Camellia lutchuensis) belongs to the Theaceae (the Tea family). It is a small evergreen tree that is distributed to the Ryukyu Islands, from the Amami Oshima to the Iriomote Island. This tree grows up 3-8 m in height with slender branches. The leaves are oblong and fine serrated. The small white flowers bloom at the axils from December to February. They are six-petaled flowers and fragrant. 
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年01月10日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp