ひめしゃが (姫射干)

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

Iris gracilipes

わが国の固有種で、北海道南西部から本州・四国それに九州北部にかけて分布しています。やや乾燥した林内や岩上などに生え、高さは15〜30センチになります。葉は剣形で、「しゃが」よりも細くて薄いものです。5月から6月ごろ、花茎を伸ばして淡い紫色の花を2〜3個咲かせます。外花披片には紫色の脈と黄色の斑紋があり、とさか状突起もあります。「しゃが」とは異なり、刮ハができます。 
アヤメ科アヤメ属の多年草で、学名は Iris gracilipes。
英名はありません。 
"Hime-shaga" (Iris gracilipes) belongs to the Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is an endemic species of Japan, and distributed southern-west Hokkaido south to Honshu, Shikoku and northern Kyushu. This herb grows in aridish woodlands and on rocks and can reach 15-30 cm in height. The leaves are sword-shaped, thinner and narrower than Crested iris (Iris japonica). The pale purple 2-3 flowers come on the stalks from May to June. The outer tepals have purple veins, yellow mottles and cristate projections. It bears the capsules different from Crested iris. 
[上・中1] 長野県伊那市西春近「かんてんぱぱガーデン」にて、
2007年05月08日撮影。
[中2] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、2006年05月09日撮影。
[中3〜10・下] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp