ひめしろね (姫白根) [Index] [Back]

Lycopus maackianus

Lycopus maackianus

Lycopus maackianus

Lycopus maackianus

Lycopus maackianus

Lycopus maackianus

Lycopus maackianus

Lycopus maackianus

Lycopus maackianus

Lycopus maackianus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国東北部、東シベリアに分布しています。山地の湿地に生え、高さは30〜70センチになります。葉は厚くて光沢があり、披針形から広披針形で鋭い鋸歯があります。8月から10月ごろ、葉腋に白色の蝶形花を咲かせます。花冠は長さ5ミリほどで、下唇は3裂します。
シソ科シロネ属の多年草で、学名は Lycopus maackianus。
英名はありません。
The "Hime-shirone" (Lycopus maackianus) belongs to Lamiaceae (The Mint family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula, northeastern China and eastern Siberia. This herb grows in montane marshes and can reach 30-70 cm in height. The leaves are thick, glossy and lanceolate to broad lanceolate with acute toothed edges. The white papilionaceous flowers come on the axils from August to October. The corolla is about 5 mm long and its lower lip is trilobate.
[上・中1〜2] 岐阜県郡上市高鷲町「ひるがの湿原植物園」にて、
2007年09月07日撮影。
[中3・中4] 福島県昭和村「矢ノ原湿原」にて、
2012年08月26日撮影。
[中5〜中7] 福島県下郷町「鏡ヶ沼」にて、2014年08月13日撮影。
[中8・下] 福島県檜枝岐村「台倉高山」にて、
2014年09月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp