ひとりしずか (一人静)

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

Chloranthus japonicus

わが国の各地をはじめ、南千島やサハリン、朝鮮半島から中国に分布しています。山地の日陰に生え、高さは20〜30センチになります。茎は直立して、上部にツヤのある楕円形の葉が十字対生します。4月から5月ごろ、穂状花序を伸ばして白い花を咲かせます。花弁はなく、白く見えるのは長く伸びた雄しべです。名前は、源義経の側室、静御前のすがたに喩えたもの。 
センリョウ科チャラン属の多年草で、学名は Chloranthus japonicus。
英名はありません。 
"Hitori-shizuka" (Chloranthus japonicus) belongs to the Myrsinaceae (the Myrsine family). It is a perennial herb that is distributed to Japan, the southern Kuril Islands, Sakhalin, the Korean Peninsula and China. This herb grows in montane shade places and can reach 20-30 cm in height. The stem is erect, the leaves are glossy, elliptic and decussate. The spikes are borne and bloom white flowers from April to May. The flower is non-petaled and has white elongated stamens. 
[上・中1〜2・中4] 群馬県高山村中山にて、2009年04月26日撮影。
[中3] 長野県松本市内田「牛伏寺」にて、2005年05月21日撮影。
[中5・中6] 茨城県北茨城市「六角堂」にて、2013年04月14日撮影。
[中7〜中9] 福島県川俣町「花塚山」にて、2014年05月17日撮影。
[中10〜中12] 山形県南陽市元中山にて、2016年04月23日撮影。
[中13・下] 山形県南陽市金山にて、2016年04月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp