ひめつるそば (姫蔓蕎麦)

Polygonum capitatum

Polygonum capitatum

Polygonum capitatum

Polygonum capitatum

Polygonum capitatum

インド北部のヒマラヤが原産です。わが国へは明治時代の中頃に渡来しました。茎は這うように広がり、グランドカバーに利用されます。花は淡紅色で、枝先に球形に集まってほとんど周年咲いています。葉には黒っぽい斑点があり、秋には真っ赤に紅葉します。 
タデ科タデ属の常緑多年草で、学名は Polygonum capitatum。
英名は Pink-head knotweed。 
Pink-head knotweed (Polygonum capitatum) belongs to the Polygonaceae (the Knotweed family). It is an evergreen perennial herb that is native to the northern India; around the Himalaya. It was introduced into Japan in the middle days of Meiji Era (about 120 year ago). The stems crawl on the ground and the plant is used for ground cover. The pale rose pink flowers bloom in the globe clusters almost all year long. The leaves have blackish specks and turn red in fall. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年11月03日撮影。
[中2・中3] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州メンドシーノにて、
2016年09月20日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp