ヒマラヤすぎ (ヒマラヤ杉)

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

Cedrus deodara

ヒマラヤの北西部からアフガニスタン東部にかけて分布しています。わが国へは明治時代のはじめに渡来しました。樹冠は円錐形で、高さは20〜30メートルになります。枝は水平に広がり、葉は針状で束生します。10月ごろ、上部の枝先に雌花を、またあちこちに雄花をつけます。球果は卵形で、熟すのに2〜3年かかるそうです。別名で「ヒマラヤシーダー」とも呼ばれます。
マツ科ヒマラヤスギ属の常緑高木で、学名は Cedrus deodara。
英名は Himalayan cedar、Deodar cedar。
The Himalayan cedar (Cedrus deodara) belongs to the Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tree that is distributed from the northwestern Himalaya to eastern Afghanistan. It was introduced into Japan in the early Meiji Era (about 140 years ago). The tree crown is conical and can reach 20-30 m in height. The branches spread out on the level, the leaves are needle-like and fasciculate. The female flowers bloom in the upper terminal twigs and the male flowers bloom in so many places in October. The fruits are ovate strobiles and last into 2-3 years until ripe.
[上・中1・中8] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年01月25日撮影。
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年11月28日撮影。
[中4・中6] 同上にて、2006年10月25日撮影。
[中5・中7] 大阪府四条畷市下田原にて、2006年07月15日撮影。
[中8] イギリス・ドーセット州クライストチャーチにて、
2009年09月27日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中9〜10・下] 千葉県香取市大角にて、2017年01月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp