ひすいかずら (翡翠葛)

Strongylodon macrobotrys

Strongylodon macrobotrys

Strongylodon macrobotrys

Strongylodon macrobotrys

Strongylodon macrobotrys

Strongylodon macrobotrys

Strongylodon macrobotrys

Strongylodon macrobotrys

Strongylodon macrobotrys

フィリピンが原産です。熱帯雨林に自生する蔓性植物で、長さは20
メートル以上になります。春から初夏にかけて、長さ1〜1.5メートル
ほどの花序に、青みがかった緑色の爪のような花を、いっぱいに
咲かせます。
マメ科ストロンギロドン属の常緑蔓性木本で、学名は Strongylodon
macrobotrys。英名は Jade vine, Emerald creeper。
Jade vine belongs to Fabaceae (Pea family). It is an evergreen woody vine
that is native to Philippine. This vine occurs in tropical rainforests and can
reach up to 20 m long. It is borne the long inflorescences 1-1.5 m long and
blooms many claw-like bluish green flowers from spring to early summer.
[上] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年03月24日撮影。
[中2・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年03月15日撮影。
[中4] 同上にて、2006年03月03日撮影。
[中5] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中6] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[中7・下] 栃木県藤岡町「とちぎ花センター」にて、
2008年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp