ひめすいれん (姫睡蓮)

Nymphaea cv. Laydekeri Rosea

Nymphaea cv. Laydekeri Rosea

Nymphaea cv. Heloola

Nymphaea cv. Heloola

Nymphaea cv. Laydekeri Rosea

「ひめすいれん」は、園芸上の分類で、温帯スイレンのなかでも小型
系の品種をいいます。ほとんどは種間交雑種です。別名を「ひつじぐ
さ(未草)」と呼ぶとの説明もありますが、「ひつじぐさ」は原種なので、
ここでは区別しておきます。花期は長く、5月から10月ごろまで咲き
続けます。写真の品種は、上・中1・下が「レイデケリロセア(cv.
Laydekeri Rosea)」、中2・中3が「ヘルーラ(cv. Heloola)」。
スイレン科スイレン属の多年草で、学名は Nymphaea cv.。
英名は Pygmy water lily。
Pygmy water lily (Nymphaea cv.) belongs to the Nymphaeaceae (the
Water lily family). It is a perennial herb that is dwarf varieties of Water lily.
It is almost interspecific varieties. They have long flowering period, and
bloom from May to October.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年06月21日撮影。
[中1] 同上にて、2005年07月27日撮影。
[中2] 同上にて、2003年07月05日撮影。
[中3・下] 同上にて、2009年08月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp