ひとくちたけ (一口茸) [Index] [Back]

Cryptoporus volvatus

Cryptoporus volvatus

わが国の各地をはじめ、東アジアやアメリカの北・西部に分布しています。早春から夏ごろ、枯れてから一年以内の「あかまつ」などに発生します。子実体はハマグリに似て、幅1.5〜6.5センチ、厚さ1〜2.5センチです。傘の表面は、赤茶色から褐色で平滑、それに光沢があります。干し魚のような臭いをだします。食用にはなりません。
サルノコシカケ科ヒトクチタケ属の一年生キノコ類で、学名は Cryptoporus volvatus。英名は Veiled polypore。
Veiled polypore belongs to Polyporaceae (Bracket fungi family). It is an annual fungus that is distributed all over Japan, East Asia, northern and western USA. This fungus grows on pines that died less than one years ago from early spring to summer. The fruiting body looks like clam and 1.5-6.5 cm wide, 1-2.5 cm thick. The upper surface is smooth, shiny, reddish-brown to brown. It exudes a stockfish-like smell. This mushroom is no edible.
岐阜県瑞浪市釜戸町「竜吟峡」にて、2007年04月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp