ひともとすすき (一本薄)

Cladium chinensis

Cladium chinensis

わが国の関東地方以西から四国、九州それに朝鮮半島や中国南
部、東南アジアに分布しています。海岸に群生し、桿の高さは2メート
ルほどになります。葉は広線形で硬く、長さは1メートルほどです。別
名で「シシキリガヤ(猪切り茅)」とも呼ばれますが、葉の鋸歯が強く
小棘もあってイノシシも切れるだろうということから。7月ごろ、茎の先
に何段かに分かれた複散房花序をつけます。花序には褐色をした
多数の小穂があります。
カヤツリグサ科ヒトモトススキ属の多年草で、学名は Cladium
chinensis。英名はありません。
静岡県浜松市村櫛町「浜名湖」にて、2004年09月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp