ひとつば (一つ葉)

Pyrrosia lingua

Pyrrosia lingua

Pyrrosia lingua

Pyrrosia lingua

Pyrrosia lingua

Pyrrosia lingua

わが国の本州、関東地方以西から四国、九州それに東アジアにも広く分布しています。暖地の海岸や近くの林床に群生します。長い地下茎を伸ばし、ところどころに厚い葉をつけます。葉には裏面に胞子嚢をつける胞子葉とそれがないふつうの葉とがあります。
ウラボシ科ヒトツバ属の常緑シダ類で、学名は Pyrrosia lingua。
英名は Tongue fern。
Tongue fern (Pyrrosia lingua) belongs to the Polypodiaceae family. It is an evergreen fern that is distributed westward from Kanto district of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, as well as widely in the eastern Asia. This fern grows in coastal forest of warm-temperate areas. The rhizomes are long, creeping and send out thick leaves. The leaves are consist of sterile fronds and fertile fronds with sori on the abaxial sides.
[上・中1] 愛知県豊橋市雲谷町にて、2007年10月05日撮影。
>[中2] 静岡県引佐町兎荷(とつか)にて、2005年01月23日撮影。
[中3] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中4・下] 三重県松阪市「波瀬植物園」にて、2012年07月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp