ヒマラヤとうひ (唐檜)

Picea smithiana

Picea smithiana

Picea smithiana

Picea smithiana

Picea smithiana

Picea smithiana

Picea smithiana

ヒマラヤが原産です。成長が早く、高さは10メートルほどになりま
す。樹皮は紫色がかった灰色です。枝は水平に広がり、弓なりに枝
垂れます。濃緑色の葉は長い線形で、4稜があります。果実は大き
な円錐形で、はじめの紫色から光沢のある茶色に熟します。別名で
「モリンダとうひ(モリンダ唐檜)」とも呼ばれます。
マツ科トウヒ属の常緑高木で、学名は Picea smithiana。
英名は Himalayan spruce, Morinda spruce。
Himalayan spruce (Picea smithiana) belongs to Pinaceae (the Pine family). It
is a tall evergreen tree that is native to Himalaya. This tree grows fast and
can reach about 10 m in height. The barks are purplish gray. The branches
spread out on the level and are arched. The leaves are dark green, long
linear and quadrangular. The fruits are large conical and ripen into purple to
glossy brown.
[上・中1〜2・下] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年01月25日撮影。
[中3〜中5] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp