ひめやぶらん (姫藪蘭)

Liriope minor

Liriope minor

Liriope minor

Liriope minor

Liriope minor

Liriope minor

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、フィリピンに分布しています。日当たりのよい草原などに生え、高さは10〜20センチになります。横に長い匍匐枝(Stolon)をだして広がり、葉は線形です。7月から9月ごろ、花茎を伸ばして小さな淡紫色の花を咲かせます。果実は刮ハで、その果皮は熟す前に落ち、黒紫色の種子がむき出しなって果実のように見えます。
ユリ科ヤブラン属の常緑多年草で、学名は Liriope minor。
英名は Monkey grass。
Monkey grass (Liriope minor) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula, China and Philippine. This herb grows in sunny grasslands and can reach 10-20 cm in height. It spreads by long stolons. The leaves are linear. The flowering stalks are borne and bloom small pale purple flowers from July to September. The fruits are round and ripen in purple-black.
[上・中1] 茨城県神栖市「波崎海岸」にて、2008年07月15日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年07月17日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2006年07月22日撮影。
[下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp