ひめやし (姫椰子)

Syagrus weddelliana

Syagrus weddelliana

Syagrus weddelliana

ブラジルの南東部が原産です。単幹で、高さは2メートルほどになり
ます。「やし」の仲間では最も矮性です。葉は単羽状で、四方に弓な
りに広がります。雌雄同株で、芳香のある黄白色の花を咲かせま
す。別名で「ブラジルひめやし(ブラジル姫椰子)」とも呼ばれます。
ヤシ科ヒメヤシ属の常緑低木で、学名は Syagrus weddelliana(syn.
Microcoelum weddelliana)。英名はありません。
Syagrus weddilliana blongs to Arecaceae (Palm family). It is an evergreen
small tree that is native to southeastern Brazil. This palm is a single trunk and
can reach about 2 m in height. It is a most dwarf species in the palm family.
The leaves are pinnate compound and sprawl. This palm is monoecious and
the fragrant yellowish white flowers are borne.
[上・下] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中] 同上にて、2004年02月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp