ヒマラヤゆきのした (ヒマラヤ雪の下)

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

Bergenia stracheyi

アフガニスタンからヒマラヤが原産です。ふつうに見られるのは「ベルゲニア」と呼ばれる園芸品種です。葉は大きくて光沢があります。3月から5月ごろ、花茎を伸ばして花を咲かせます。花色は最初白く、だんだんピンク色へと変化していきます。わが国へは、明治時代になってから渡来しました。 
ユキノシタ科ベルゲニア属の多年草で、学名は Bergenia stracheyi。
英名は Himalayan creeping saxifrage。 
The Himalayan creeping saxifrage belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is native to Afghanistan and around the Himalaya. We find usually called a caltivar "Bergenia". The leaves are large and glossy. The flowers come on the stalks in April to May. The flower color is white at beginning and turn pink gradually. This herb was introduced into Japan in Meiji Era (about 120 years ago). 
[上] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 長野県三水村倉井にて、2004年05月02日撮影。
[中4・中5] イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、
2008年04月26日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中6] 山形県小国町小玉川にて、2015年04月26日撮影。
(photo by Aya Seko)
[中7〜中9] 同上にて、2015年05月03日撮影。
[下] イギリス・ランカシャー州ストーニーハーストカレッジにて、
2015年05月23日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp


Shu Suehiro
shu@botanic.jp