ほだいらかぶ (保平蕪)

Brassica campestris var. glabra

Brassica campestris var. glabra

ヨーロッパから中央アジアが原産で、わが国へは弥生時代に中国か
ら渡来した「カブ」の一品種です。長野県松本市奈川や王滝村の限ら
れた地域で、江戸時代から救荒作物として栽培されてきました。葉は
「ノザワナ」に似た大きなへら形で、光沢があります。根茎は長卵形
で、紅色を帯びています。葉や根茎を酢漬けにして利用されますが、
「ヒダアカカブラ(飛騨赤蕪)」よりも辛味が少なく、甘みが強いようで
す。
アブラナ科アブラナ属の多年草で、学名は Brassica campestris var.
glabra。英名はありません。
長野県松本市奈川保平にて、2005年10月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp