ほそばひなうすゆきそう (雛薄雪草)

Leontopodium fauriei var. angustifolium

Leontopodium fauriei var. angustifolium

わが国の本州、上信越地方の至仏山や谷川岳に分布しています。
「ヒナウスユキソウ」の変種です。高山帯の蛇紋岩地帯に生え、高さ
は10〜20センチになります。葉は広線形または長楕円形で、表面
には綿毛が密生しています。7月から8月ごろ、茎の先に黄色い花を
咲かせます。総苞が星形についています。
キク科ウスユキソウ属の多年草で、学名は Leontopodium fauriei var.
angustifolium。英名はありません。
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年07月13日撮影。
[下] 同上にて、2004年04月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp