ほそばのきりんそう (細葉の麒麟草)

Sedum aizoon var. aizoon

Sedum aizoon var. aizoon

Sedum aizoon var. aizoon

Sedum aizoon var. aizoon

Sedum aizoon var. aizoon

Sedum aizoon var. aizoon

わが国の本州、中部地方以北から北海道それにシベリアに分布して
います。「きりんそう」の基本種です。低山帯から亜高山帯の草原に
生え、高さは30〜50センチになります。葉は披針形から倒卵状披
針形で、基部まで鋸歯があり、互生します。7月から8月ごろ、茎の
先に集散花序をだし、黄色の星形の花を咲かせます。
ベンケイソウ科マンネングサ属の常緑多年草で、学名は Sedum
aizoon var. aizoon。英名は Aizoon stonecrop。
Aizoon stonecrop belongs to Crassulaceae (Orpine family). It is an
evergreen perennial herb that is distributed northward from Chubu district
of Honshu to Hokkaido of Japan and Siberia. This herb occurs in montane
to subalpine grasslands and can reach 30-50 cm in height. The leaves are
lanceolate to obovate-lanceolate, alternate and serrate down to the bases.
The cymes are borne on the stem apices and bloom yellow star-shaped
flowers from July to August.
[上・中1〜2] 長野県松本市安曇「奈川乗鞍林道」にて、
2007年08月01日撮影。
[中3〜4・下] 長野県北相木村「長者の森」にて、
2005年07月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp