ほそばこんぎく (細葉紺菊)

Aster ageratoides ssp. angustifolius

Aster ageratoides ssp. angustifolius

わが国の神奈川県以西から四国、九州に分布しています。「ノコンギ
ク」の亜種で、川岸などに生え、高さは50〜100センチほどになりま
す。葉は披針形で互生し、縁には疎らな鋸歯があって少しざらつきま
す。8月から11月ごろ、淡い紫色の頭状花を咲かせます。
キク科シオン属の多年草で、学名は Aster ageratoides ssp.
angustifolius。英名はありません。
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年11月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp