ほながそう (穂長草)

Stachytarpheta jamaicensis

Stachytarpheta jamaicensis

Stachytarpheta jamaicensis

Stachytarpheta jamaicensis

Stachytarpheta jamaicensis

熱帯アメリカが原産です。今ではすべての熱帯地域に広がっていま
す。多湿で肥沃な土地を好みますが、乾燥にも耐えることができま
す。わが国でも小笠原諸島には帰化しています。鋸歯のある楕円形
の葉が対生します。5月から10月ごろ、枝先に穂状花序をつけ、小
さな紫色の花をつぎつぎと咲かせます。1本の穂状花序には数個の
花しかつきません。
クマツヅラ科ホナガソウ属の多年草で、学名は Stachytarpheta
jamaicensis。英名は Blue rat's tail。
Blue rat's tail (Stachytarpheta jamaicensis) belongs to Verbenaceae (the
Verbena family). It is a perennial herb that is native to tropical America.
Nowadays, it spreads wildly in tropical latitudes. This herb prefers wet and
fertile soils, though it is also tolerant of drought. This herb is naturalized in
the Ogasawara Islands. The leaves are elliptic, alternate and serrate. The
spikes are borne in the termanal branches and bloom small purple flowers
from May to October. The spike produces a few flowers.
[上・中1] 中央アメリカ・コスタリカにて、1999年09月11日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年09月07日撮影。
[中3・下] 群馬県桐生市「ぐんま昆虫の森」にて、
2009年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp