ハニーユーカリ [Index] [Back]

Eucalyptus melliodora

Eucalyptus melliodora

オーストラリアの東部、クイーンズランド州南部からビクトリア州に分布しています。草深い林内に生え、高さは30メートルぼとになります。樹皮には変異が多く、繊維質からざらざらしたものまであります。ふつうは淡黄褐色または褐色です。葉は狭披針形または披針形で、渋い緑色または灰緑色です。春から夏にかけて、非常に香りのある白色からクリーム色の花を咲かせます。葉には甘い香りがあり、ハーブバスやポプリ、生け花などに利用されます。
フトモモ科ユーカリ属の常緑高木で、学名は Eucalyptus melliodora。
英名は Yellow box。
Yellow box (Eucalyptus melliodora) belongs to Myrtaceae (Myrtle family). It is an evergreen tall tree that is native from southern Queensland to Victoria of Australia. This tree occurs in grassy woodlands and can reach about 30 m in height. The bark is variable, fibrous to coarse, and usually fawn to dark brown. The leaves are narrow-lanceolate or lanceolate and dull green or grey-green. The flowers are very fragrant, white to cream, and appear in spring through summer. The leaves are sweet scented and used for bath herb, potpourri or flora art.
群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp