ハニーメスキート

Prosopis glandulosa

Prosopis glandulosa

Prosopis glandulosa

アメリカの南西部、テキサス州からカリフォルニア州それにメキシコ
北部に分布しています。乾燥した平原や丘陵、砂漠などに生え、高さ
は6メートルほどになります。よく分枝して潅木状になります。樹皮は
暗褐色で厚く、割れ目が入ります。小枝の肥大した節には1対の棘
がつきます。葉は偶数羽状複葉で、狭長楕円形の小葉が7〜17対
あります。春から夏にかけて、総状花序を下垂させ、芳香のある淡
黄色の花を咲かせます。果実は莢果で、夏に熟します。南西部に住
むインディアンは、この莢を食用にしたそうです。
ネムノキ科プロソピス属の常緑低木で、学名は Prosopis glandulosa。
英名は Honey mesquite。
アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2006年04月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp