ホップ (西洋唐花草)

Humulus lupulus

Humulus lupulus

Humulus lupulus

Humulus lupulus

Humulus lupulus

Humulus lupulus

西アジアや北アメリカが原産です。冷涼な気候を好み、わが国では
長野県や東北地方を中心に栽培されています。雌雄異株ですが、栽
培されているのはほとんどが雌株です。ビールの原料としては、雌株
につく未受精のまつかさに似た花(毬花)を、8月から9月に収穫して
使われます。古代から薬用植物としても利用されてきました。
アサ科カラハナソウ属の多年草で、学名は Humulus lupulus。
英名は Common hop。
Common hop (Humulus lupulus) belongs to the Cannabaceae (the Hemp
family). It is a perennial herb that is native to western Asia and North
America. This herb prefers cool environment and grows on a trailing vine.
It is dioecious. The seed-vessels of the female plants have been used for
adding to beer and herbal medicine from the ancient days.
[上・中1] 岐阜県郡上市高鷲町「牧歌の里」にて、
2001年07月22日撮影。
[中2〜中4] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[下] スイス・ベルン州・ミューレンにて、2007年06月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp