ほたるぶくろ・ピンクオクトパス
(蛍袋・ピンクオクトパス)
[Index] [Back]

Campanula punctata cv. Pink Octopus

Campanula punctata cv. Pink Octopus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布する「ほたるぶくろ」の園芸品種です。高さは30センチほどになり、コンテナ栽培や花壇の縁取り、グランドカバーなどに利用されます。6月から7月ごろ、花冠がピンク色で、タコの足のように細く分裂した花を咲かせます。
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、学名は Campanula punctata cv. Pink Octopus。英名は Chinese rampion 'Pink Octopus'。
Chinese rampion 'Pink Octopus' belongs to Campanulaceae (Bellflower family). It is a perennial herb that is a cultivar of Chinese rampion (native to Japan, Koren Peninsula and China). This herb can reach about 30 cm in height, and used for containers, edging or as a groundcover. The flowers are borne in June and July. The corolla is slender pink tentacles resembling an octopus.
アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、2007年06月10日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp