ほうらいしょう (鳳来蕉)

Monstera deliciosa

Monstera deliciosa

Monstera deliciosa

Monstera deliciosa

Monstera deliciosa

Monstera deliciosa

Monstera deliciosa

Monstera deliciosa

Monstera deliciosa

Monstera deliciosa

メキシコから中央アメリカが原産です。蔓性で茎からでた気根によって、他の樹木などによじ登ります。葉は大きな心卵形ですが、成長すると側脈の間が羽状に切れ込んだり穴があいたりします。クリーム色の仏炎苞に包まれた肉穂花序に目立たない花を咲かせます。果実は熟すとパイナップルに似た芳香があり、食用になります。
サトイモ科ホウライショウ属の常緑多年草で、学名は Monstera deliciosa。英名は Swiss cheese plant、Mexican breadfruit。
Swiss cheese plant (Monstera deliciosa) belongs to the Araceae (the Arum family). It is an evergreen perennial herb that is native from Mexico to Central America. This herb is a vine and climbs up adjacent trees by the aerial roots which borne at the stems. The leaves are large cordate-ovate and are divided into pinnate notches or get holes between lateral veins when they grow up. The inconspicuous flowers bloom in the spadix with cream spathes. The fruits have pineapple-like scent and are edible when ripen.
[上・中1〜2] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年01月29日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 同上にて、2006年03月18日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4〜中6] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2009年12月20日撮影。
[中7・中8] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2012年03月31日撮影。
[下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp