ホースミント [Index] [Back]

Monarda punctata

Monarda punctata

Monarda punctata

Monarda punctata

Monarda punctata

Monarda punctata

Monarda punctata

北アメリカの東部、バーモント州からミネソタ州、南にフロリダ州それにテキサス州東部やメキシコに分布しています。道ばたや荒れ地などに生え、高さは60〜90センチになります。茎には鈍い稜があり、よく分枝します。葉は長楕円状披針形から長楕円形で、縁には疎らで不明瞭な鋸歯があります。7月から9月ごろ、褐色または紫色の斑点のある黄色い花を、葉腋に輪生状に咲かせます。
シソ科モナルダ属の二年草または多年草で、学名は Monarda punctata。英名は Horsemint、Spotted horsemint。
Horsemint (Monarda punctata) belongs to the family Lamiaceae (the Mint family). It is a biennial or perennial herb that is native to the eastern North America, from Vermont to Minnesota and south to Florida, eastern Texas and Mexico. This herb grows on roadsides and in disturbed areas and can reach 60-90 cm in height. The stems are obtusely angled and multi-branched. The leaves are oblong-lanceolate to oblong, remotely and obscurely serrate. The flowers are yellow, with brown or purple spots, axillary whorls and bloom in July to September.
[上・中1〜2] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2008年09月21日撮影。
[中3・中4] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中5・下] 同上にて、2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp