ほそばりゅうびんたい (細葉竜鱗)

Angiopteris palmiformis

Angiopteris palmiformis

Angiopteris palmiformis

Angiopteris palmiformis

Angiopteris palmiformis

Angiopteris palmiformis

わが国の奄美諸島や小笠原諸島をはじめ、アジアやアフリカの熱
帯・亜熱帯地域に分布しています。熱帯雨林のような大きな樹木で
被われた薄暗い場所に生え、高さは5メートルほどになります。葉は
羽状で光沢があり、羽片は幅1センチ、長さ13〜16センチほどで
す。
ハナヤスリ科リュウビンタイ属の常緑シダ類で、学名は Angiopteris
palmiformis。英名は Elephant fern。
Elephant fern (Angiopteris palmiformis) belongs to Ophioglossaceae family.
It is an evergreen perennial pteridophyte that is distributed to Amami
Islands and Ogasawara Islands of Japan, tropical and sub-tropical areas of
Asia and Africa. This fern occurs in dark dense forests and can reach
about 5 m in height. The leaves are glossy and pinnate. The pinnae are
about 1 cm wide and 13-16 cm long.
[上・中1] 栃木県藤岡町「とちぎ花センター」にて、
2008年03月29日撮影。
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月02日撮影。
[中4・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年10月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp