ほそばひゃくにちそう (細葉百日草) [Index] [Back]

Zinnia angustifolia

Zinnia angustifolia

Zinnia angustifolia

アメリカ南部からメキシコ北部に分布しています。茎はよく分枝して、高さは30〜45センチになります。葉は狭披針形で、対生します。6月から霜が降るまで、橙色や黄色、白色、赤色それにピンク色などの頭花を咲かせます。よく知られた園芸品種です。
キク科ヒャクニチソウ属の一年草で、学名は Zinnia angustifolia。
英名は Narrow-leaf zinnia。
Narrow-leaf zinnia (Zinnia angustifolia) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an annual herb that is native to southern United States and northern Mexico. This herb is much branched and can reach 30-45 cm in height. The leaves are narrow lanceolate and arranged in opposite. The orange, yellow, white, red and pink flower-heads bloom from June to frost. It is a popular garden plant.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp