ほたるぶくろ (蛍袋)

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

Campanula punctata

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。丘陵や山地に生え、高さは30〜80センチになります。根生葉には翼のある長い柄があり、茎葉は互生します。6月から7月ごろ、白色または淡紫色で、内面に紫色の斑がある鐘状の花を下向きに咲かせます。萼片のあいだに反り返る三角形の副萼片があることが特徴です。名前の由来は、この花にホタルを入れて提げたことからとか、提灯(火垂る袋)に似ているからとかいろいろです。
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、学名は Campanula punctata。
英名は Chinese rampion。
Chinese rampion (Campanula punctata) belongs to the Campanulaceae (the Bellflower family). It is a perennial herb that is native to all over Janan, the Korean Peninsula and China. This herb grows in hillsides and mountains, and can reach 30-80 cm in height. The basal leaves have winged long petioles and the cauline leaves are arranged in alternate. The flowers are white or pale purple, bell-shaped with purple mottles on inside surfaces, and bloom descending from June to July. They are difined by recurving, deltoid, outer accessory sepals between calyx lobes.
[上・中1〜4] 千葉県香取市仁良にて、2011年06月10日撮影。
[中5] 同上にて、2010年06月12日撮影。
[中6] 同上にて、2010年06月25日撮影。
[中7・中8] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年06月16日撮影。
[中9] 愛知県新城市市川にて、2001年05月23日撮影。
[中10] 大阪府四条畷市「清滝峠」にて、2001年06月12日撮影。
[中11] 同上にて、2002年06月02日撮影。
[中12〜中15] 千葉県香取市田部にて、2012年06月08日撮影。
[中16・下] 千葉県香取市大角にて、2014年06月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp