ほていちく (布袋竹)

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

Phyllostachys aurea

中国の長江流域が原産です。現在では、世界各地で広く植栽されています。桿の直径は2〜5センチ、高さは5〜12メートルほどで、下部の節間が不規則に短く詰まり、節間の上部は膨れ下部は括れます。名前は、この膨らみを七福神の布袋さまのお腹に見立てたもの。乾燥させると折れにくいことから釣り竿などに利用されます。
イネ科マダケ属の常緑タケ類で、学名は Phyllostachys aurea。
英名は Fish pole bamboo、Golden bamboo。
Fish pole bamboo (Phyllostachys aurea) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is an evergreen bamboo that is native to the reach of Chang Jiang River. This bamboo is cultivated widely around the world nowadays. The culms are 2-5 cm across and can reach 5-12 m in height. The underneath internodes are irregular, the upper parts of internodes are swollen and the lower parts are slender. The dried culms are tough and used as a fish pole.
[上・中1・中6〜7] 中国・広東省東莞市「粤暉園」にて、
2009年07月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜中4] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、
2006年02月10日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8] 中国・香港特別行政区「九龍公園」にて、
2009年07月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9〜11・下] 静岡県長泉町「富士竹類植物園」にて、
2012年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp