ほそばつめくさ (細葉爪草)

Minuartia verna var. japonica

Minuartia verna var. japonica

Minuartia verna var. japonica

わが国の固有種で、本州の中部地方以北から北海道に分布してい
ます。高山帯の砂礫地や岩場に生え、高さは2〜8センチになりま
す。よく分枝して広がり、葉は線形で3脈があります。7月から8月ご
ろ、枝先に直径5ミリほどの小さな白い花を咲かせます。花弁と萼片
はほぼ同じ長さです。別名で「こばのつめくさ(小葉の爪草)」とも呼ば
れます。
ナデシコ科タカネツメクサ属の多年草で、学名は Minuartia verna var.
japonica。英名はありません。
長野県白馬村北城「八方尾根」にて、2006年08月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp