ほつつじ (穂躑躅)

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

Elliottia paniculata

わが国の固有種で、北海道から九州に分布しています。日当たりのよい山地に生え、高さは2メートルほどになります。8月から10月ごろ、枝先に総状花序をつけ、白色または淡いピンク色を帯びた花を咲かせます。花冠は3裂して反り返り、花柱が大きく真っ直ぐに突き出します。花や葉は有毒で、食べると下痢や嘔吐、神経麻痺をおこすそうです。名前は、花が穂状につくことから。別名で、「やまぼうき(山箒)」とも呼ばれますが、枝を束ねて箒にしたことに因みます。 
ツツジ科ホツツジ属の落葉低木で、学名は Elliottia paniculata。
英名はありません。 
"Ho-tsutsuji" (Elliottia paniculata) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is a deciduous small tree that is endemic to Japan; from Hokkaido south to Kyushu. This tree growss in sunny mountains and it can reach about 2 m in height. The racemes are borne on the terminal branches and bloom white or pale pink flowers from August to October. The corolla is trilobate and recurving. The style is protruded from the corolla. The flowers and leaves are toxic, and cause poisoning after accidental eating of the plants. 
[上・中1〜2] 長野県阿智村「富士見台高原」にて、
2007年09月06日撮影。
[中3・中4] 岐阜県白川村「三方岩岳」にて、2004年08月08日撮影。
[中5] 滋賀県多賀町霊仙「霊仙山」にて、2005年09月09日撮影。
[中6・中7] 岐阜県中津川市阿木「根ノ上高原」にて、
2007年10月04日撮影。
[中8〜中10] 福島県矢祭町「桧山」にて、2013年10月13日撮影。
[中11〜中13] 福島県下郷町「三本槍岳」にて、
2014年08月13日撮影。
[中14〜中17] 栃木県那須町「茶臼岳」にて、
2014年08月14日撮影。
[中18・下] 栃木県那須塩原市「大峠」にて、2014年08月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp