ほうがんのき (砲丸の木)

Couroupita guianensis

Couroupita guianensis

Couroupita guianensis

Couroupita guianensis

Couroupita guianensis

Couroupita guianensis

Couroupita guianensis

南アメリカのギアナが原産です。高さは20〜30メートルほどになり
ます。現在では熱帯地方の各地で公園樹として植栽されています。
葉は長楕円形で互生します。地面に近い幹から、直接長い花梗をだ
して、直径10〜15センチの芳香のある赤色からサーモンピンクの
花を咲かせます。果実は20センチほどの球形で、砲丸のようなかた
ちをしています。臭気があり食用には向かないそうです。別名で「ほ
うがんぼく(砲丸木)」とも呼ばれます。
サガリバナ科ホウガンノキ属の常緑高木で、学名は Couroupita
guianensis。英名は Cannon ball tree。
Cannon ball tree belongs to Lecythidaceae (Brazil nut family). It is an
evergreen tall tree that is native to Guiana of South America. This tree can
reach 20-30 m in height and are cultivated in tropical areas widely
nowadays. The leaves are oblong and alternate. Fragrant red to salmon
pink flowers 10-15 in diameter come on the peduncles which borne directly
from the middle stems. The fruits are globose about 20 cm in daimeter, look
like cannon ball. This fruit has a bad smell and uneatable.
[上・中1・中4] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2004年12月07日撮影。
[中2・中3] 2007年01月15日撮影。
[中5・下] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp