ほうきぎ (箒木)

Kochia scoparia

Kochia scoparia

Kochia scoparia

Kochia scoparia

Kochia scoparia

Kochia scoparia

Kochia scoparia

Kochia scoparia

Kochia scoparia

Kochia scoparia

Kochia scoparia

アジアからヨーロッパにかけてが原産ですが、現在では広く温帯地域
に帰化しています。草地や道ばたなどに生え、高さは50〜100セン
チになります。葉は線形から披針形で互生し、両面に短い軟毛が密
生します。9月から10月ごろ、上部の葉腋に小さな両性花と雌花を
数個ずつ咲かせます。花弁はなく5裂した花披片があります。秋には
全体が紅色に色づきます。果実は胞果で、種子は東北地方で「とん
ぶり」と呼ばれ、食用にされます。
アカザ科ホウキギ属の一年草で、学名は Kochia scoparia。
英名は Kochia。
Kochia (Kochia scoparia) belongs to the Chenopodiaceae (the Goosefoot
family). It is an annual herb that is native to Asia and Europe. It is
naturalized widely in the temperate areas nowadays. This herb grows in
grasslands or roadsides, and can reach 50-100 cm in height. The leaves
are linear to lanceolate, arranged in alternate and covered with short soft
hairs on the both sides. The small several bisexual and female flowers
bloom in the upper axillary clusters from September to October. The
flowers are non-petaled and have the five partite tepals. The whole plant
turn rose pink in fall. The fruits are utricle, and the seeds are eaten as a
food garnish called "Tonburi" in Tohoku district of Japan.
[上・中1〜2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、
2006年10月09日撮影。
[中3} 千葉県香取市田部にて、2011年07月12日撮影。
[中4] 同上にて、2011年08月08日撮影。
[中5] 同上にて、2011年08月30日撮影。
[中6・中7] 同上にて、2011年10月10日撮影。
[中8] 千葉県香取市大角にて、2011年08月10日撮影。
[中9] 同上にて、2011年08月24日撮影。
[下] 同上にて、2012年04月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp