ほうきぎく (箒菊)

Aster subulatus

Aster subulatus

Aster subulatus

Aster subulatus

Aster subulatus

北アメリカが原産です。わが国では1910年に大阪の淀川河畔で帰
化が確認されました。現在は各地に広がっています。日当たりのよ
い湿った荒地や河原などに生え、高さは50〜120センチになりま
す。葉は線形で基部はすこし茎を抱きます。8月から10月ごろ、白
色または淡紫色の5ミリくらいの小さな花を咲かせます。冠毛は筒状
花よりも長く、花後にはさらに伸びて総苞の外に突き出ます。
キク科シオン属の一年草で、学名は Aster subulatus。
英名は Annual aster。
Annual aster (Aster subulatus) belongs to Asteraceae (the Aster family). It
is an annual herb that is native to North America. It was confirmed to
naturalize in the reverfront of the Yodo on Osaka prefecture in 1910. Now
it spreads over land. This herb grows in sunny, wettish barrens and dry
riverbeds, and can reach 50-120 cm in height. The leaves are linear and
enfold stems somewhat. White to pale purple small flowerheads bloom in
August to October. The pappi are longer than the tubular flowers, they go
further long and protrude from the bracts after flowering.
[上・中1・下] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年08月23日撮影。
[中2・中3] 滋賀県多賀町霊仙「霊仙山」にて、
2005年09月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp