ほうおうぼく (鳳凰木)

Delonix regia

Delonix regia

Delonix regia

Delonix regia

Delonix regia

Delonix regia

マダガスカルが原産です。現在では、熱帯から亜熱帯地方の各地に
街路樹や公園樹として植栽されています。高さは9〜13メートルほど
になり、傘状の樹冠になります。葉は2回羽状複葉です。4月から6
月ごろ、朱色の5弁花を咲かせます。1個の直立した花弁は、朱色と
黄色の縞模様となっています。
ジャケツイバラ科ホウオウボク属の落葉高木で、学名は Delonix
regia。英名は Royal poinciana。
Royal poinciana belongs to Caesalpiniaceae family. It is a deciduous tall tree
that is native to Madagascar. Nowadays, this tree is caltivated as a garden
or roadside tree in tropical and sub-tropical areas. It can reach 9-13 m in
height and forms umbrella crown. The leaves are bipinnate compound. The
5-petaled vermillion flowers come in April through June. One of petals is
erect and colored with yellow stripes.
[上] ベトナム・ハノイ市にて、2008年05月30日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中1] 同上にて、2008年05月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2008年05月24日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 同上にて、2008年05月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp