ほうらいしだ (鳳来羊歯)

Adiantum capillus-veneris

Adiantum capillus-veneris

わが国の本州、千葉県以西から四国・九州、それに世界の熱帯から
温帯地域に広く分布しています。海岸や川岸の崖などに生え、高さ
は20〜40センチになります。葉は不規則な2〜3回羽状複葉で、葉
片は扇形から平行四辺形状扇形をしています。葉柄は黒褐色で光
沢があります。
ホウライシダ科ホウライシダ属の常緑シダ類で、学名は Adiantum
capillus-veneris。英名は Maidenhair fern, Common maidenhair。
The maidenhair fern (Adiantum capillus-veneris) belongs to the
Parkeriaceae family. It is an evergreen fern that is distributed westward
from Chiba Prefecture of Honshu to Shikoku, Kyushu, and tropical and
warm temperate areas worldwide. This fern grows on seashores or stream
cliffs and can reach 20-40 cm in height. The leaves are bipinnately irregular
or tripinnately compound and the fronds are fan-shaped to parallelogram-
fan-shaped. The petioles are glossy blackish brown. (edit by Greg
Brockelbank)
[上] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年10月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp