フチンシア・アルピナ [Index] [Back]

Hutchinsia alpina cv. Ice Cube

Hutchinsia alpina cv. Ice Cube

ヨーロッパの中・南部の山地、アルプスやピレネー、アペニン山脈の北・中部に分布しています。標高3400メートルまでの石灰岩地に生え、高さは10〜15センチになります。葉は羽状に分裂し、無毛で光沢があります。5月から8月ごろ、小さな花序に、直径4〜5ミリの白色の花を咲かせます。写真は、園芸品種の「アイスキューブ(cv. Ice Cube)」。
アブラナ科フチンシア属の多年草で、学名は Hutchinsia alpina。
英名は Chamois cress。
Chamois cress (Hutchinsia alpina) belongs to Brassicaceae (the Mustard family). It is a perennial herb that is native to the mountains of southern and central Europe; Alps, Pyrenees and, northern and central Apennines. This herb grows in limestone rocks and screes, to 3400 m elevation, and can reach 10-15 cm in height. The leaves are pinnate, hairless and shiny. The flowers are white, 4-5 mm in diameter, and bloom in small clusters from May to August.
群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、2009年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp