ヒアシンス (錦百合)

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

Hyacinthus orientalis

地中海沿岸のギリシャやシリア、レバノンが原産です。3月から4月ごろ、短い花茎をのぱして小さな花を咲かせます。花には甘い芳香があり、花色も赤色やピンク、白色、青色、紫色などと豊富です。名前は、ギリシャ神話の美少年ヒアキントスに由来します。別名で「にしきゆり(錦百合)」とも呼ばれます。
ユリ科ヒアシンス属の多年草で、学名は Hyacinthus orientalis。
英名は Hyacinth。
Hyacinth (Hyacinthus orientalis) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the coastal area of Mediterranean Sea; Greek, Syria and Lebanon. Small flowers come from March to April. Flowers are fragrant and have many colors, such as red or pink, white, blue or purple. Hyacinth is named from the beauteous youth 'Hyacinthus' in the Greek myth.
[上・中1] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2004年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中10・下] 同上にて、2010年03月23日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中3] 岐阜県中津川市馬籠にて、2006年04月04日撮影。
[中4] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年03月17日撮影。
[中5〜中8] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp